Arcen's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS [Win32]メモリリーク修正方法

<<   作成日時 : 2011/03/19 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メモリリーク検出方法

#include <crtdbg.h>

int main()
{
_CrtSetDbgFlag( _CrtSetDbgFlag( _CRTDBG_REPORT_FLAG ) | _CRTDBG_CHECK_ALWAYS_DF | _CRTDBG_DELAY_FREE_MEM_DF | _CRTDBG_LEAK_CHECK_DF );
char * leak = new char;//わざとリーク
return 0;
}


デバッグ時に以下のようにでる。
Detected memory leaks!
Dumping objects ->
{108} normal block at 0x000C1FA0, 1 bytes long.
Data: < > CD
Object dump complete.

デバッガで変数_crtBreakAllocの値を{108}とあった場合に108にすれば、108回目にメモリを確保した場所でブレイクする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[Win32]メモリリーク修正方法 Arcen's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる